109シネマズ名古屋の画質がすごい

一昨日、7月3日金曜日に109シネマズ名古屋に『風の谷のナウシカ』を見に行きました。実は、6月28日日曜日にもTOHOシネマズ名古屋ベイシティで『風の谷のナウシカ』を見たので、2回目です。

同じ映画を別々の映画館で複数回見ることは滅多にありませんが、その滅多にない機会で109シネマズ名古屋の画質がよいという経験をしてきたため、もしかしたら今回も109シネマズ名古屋の方が画質がよいのではないかと思って、見に行きました。

109シネマズ名古屋の外観
109シネマズ名古屋

見に行って正解でした。

色が見事にきれいに出ている上、解像度が非常に高いです。全く同じ映画とは思えないほど、画質がよかったです。

109シネマズ名古屋の方がTOHOシネマズ名古屋ベイシティよりも鑑賞料金が100円高いのですが、これほど違うとなると、109シネマズ名古屋で見た方がいいと思います。

ただ、私の場合、『風の谷のナウシカ』は、今までに何度も見て、見慣れた映画なので、画質の差に敏感なのかもしれません。はじめて見る人や画質にあまりこだわりのない一般の人が見た場合、それほど気がつかないかもしれません。

プロジェクターのグレードの違いが原因ではないかという気がします。109シネマズ名古屋は、数年前、5番シアターや6番シアターのプロジェクターにソニーの最新鋭のDLPプロジェクターを採用したという宣伝をしていたように思います。それが原因かもしれません。109シネマズ名古屋では、7番と6番と5番のシアターの画質が特によいと言うのが私の感想です。7番はIMAXです。

ただ、プロジェクターには、普通、画質の補正モードがあり、ホームシアター用では、シアター・モードとかアニメ・モードとかいろいろ用意されていて、さらに手動でも微調整ができるようになっています。映画館用のプロジェクターでも同様の画質補正モードがあると思います。だから、もしかしたら、これは採用している補正モードによる違いかもしれません。

シアター・モードの場合、コントラストが控えめで、落ち着いた色調になり、アニメ・モードとかテレビ・モードだと、コントラストが強くなり、色が鮮やかになります。もしかしたら、TOHOシネマズ名古屋ベイシティではシアター・モードを採用していて、109シネマズ名古屋ではアニメ・モードなのかもしれません。

どちらでも好きな画質で見ればいいと思いますが、私としては、『風の谷のナウシカ』の場合、109シネマズ名古屋の6番シアターの画質がお勧めです。コアなファンの方には109シネマズ名古屋の6番シアターをお勧めします。

関連ページ:
109シネマズ名古屋の画質