豊川信金立てこもり事件、無事解決

愛知県で人質を取って信金に立てこもるという事件がありましたが、無事解決した様です。

信金立てこもり:捜査員が突入、男を確保 人質4人は無事

毎日新聞 2012年11月23日 03時12分(最終更新 11月23日 09時23分)

 愛知県豊川市蔵子(ぞうし)6の豊川信用金庫蔵子支店で22日、刃物を持った男が客1人と職員4人を人質に立てこもった事件で、店内に突入した愛知県警の捜査員が23日午前3時8分、男の身柄を確保、監禁容疑で現行犯逮捕した。また約13時間ぶりに人質になっていた職員4人全員を無事保護した。県警によると、男は住所不定、無職、長久保浩二容疑者(32)。金銭は要求しておらず、動機を追及する。【岡大介、稲垣衆史】

 県警の捜査員が、支店2階の窓ガラスをバーナーで焼き切って開け、次々と店内に入った。長久保容疑者がうたた寝をしたすきをついて逮捕した。

 県警や信金本店によると、人質となったのは市内に住む客の木下祥恵(よしえ)さん(48)、加藤賢吾(けんご)・支店次長(41)、19歳と27歳の女性職員、女性パート職員(55)。このうち木下さんは22日午後9時33分に解放され、けがはなかった。19歳の女性職員に軽い切り傷があるという。木下さんによると、加藤次長は下着姿にされ、女性たちは手を縛られていたという。

 長久保容疑者は刃渡り約10センチのサバイバルナイフとみられる刃物を所持していたとみられ、立てこもった直後には人質に対して野田内閣退陣などを求める発言をした。県警が現場周辺を封鎖して説得に当たったが、長久保容疑者は投降せず、突入に踏み切った。

 県警は長久保容疑者の要求に応じ、拡声機、たばこ3箱、簡易ライター、弁当6人分を支店裏口に置く方法で渡し、23日未明には「投光器で照らせ」という要求通り、正面玄関付近に投光器を設置した。

 県警は女性の人質4人全員の解放を条件に弁当を差し入れたが、解放されたのは木下さんだけだった。

 信金本店が菅沼均・同支店長から聞き取った話では、長久保容疑者は22日午後2時20分ごろ、ATMコーナーにいた女性客を羽交い締めにした上で、刃物をちらつかせながらロビー近くまで来て「シャッターを閉めろ」と要求。当時、支店内には男性4人、女性5人の職員計9人、男女各1人の客2人の計11人がおり、男性客は逃げた。職員がシャッターを下ろすと、長久保容疑者は「次長を残して男はすべて外へ出ろ」と指示し、次長以外の男性は外に出た。その後さらに長久保容疑者は女性職員2人を解放。その際、長久保容疑者は女性職員に「警察を呼ぶな」と指示したという。

この犯人は何の目的で人質を取って信金に立てこもったのでしょうか?「人質に対して野田内閣退陣などを求める発言をした」とあるので、警察を通して声明を発表したと言うわけでもないようです。

お金を取るでもなく、声明を発表するでもなく、単に人質を取って立てこもるだけというのは理解に苦しみますが、住所不定、無職と言うことは、刑務所に行きたかっただけという可能性もありますね。それが事実なら、かなりはた迷惑な人です。

ADS
ADS

これまでのアニメと『魔法少女まどか☆マギカ』はどう違うのか

先日、『魔法少女まどか☆マギカ』の話を書きました。このアニメは、これまで見たアニメとは大きく違うアニメでした。そこでどこが違うのかについて書いてみたいと思います。

まず、真っ先にはっきりしているのは、これまでの魔法少女物のアニメの様な穏やかな話ではないことです。戦闘シーンからしてすでに違います。

たとえば、従来型の魔法少女アニメとしては、『セーラームーン』が代表的でしょう。この作品は、映像的に斬新なところがありましたが、戦闘シーンは、あまり激しいとは言えません。簡単に言えば、棒を振り回して、ちちんぷいぷいのレベルです。

『魔法少女まどか☆マギカ』では、槍や刀剣から機関銃やミサイルまで使った戦闘になり、おっとりした内容とは到底言えません。