映画『クローズEXPLODE』の感想と評価

評価: ☆☆☆☆☆ ←0点と言うこと。

一言で言えば、半世紀前の子供のケンカを描いたレトロ・バイオレンス・ファンタジー作品です。しかし、設定は「現代」なので、その時代錯誤的なギャップが笑いを誘うコメディー的側面があります。

とは言え、きっと、この作品は笑って見てはいけないことになっているに違いない作品なので、笑いをこらえながら、最後まで見続けようとがんばりました。でも、やっぱり無理・・・(笑)。拷問ですね。こらえきれず、思わず吹き出す場面が所々出てきました。設定が半世紀前なら、真剣に見ることができるのですが、さすがに半世紀前の世界を現代に持ってくると、いろいろ無理があるのです。

すだれ・・・。懐かしいですね。壁にスプレーで落書きとか(笑)。半世紀前の新装開店風景とか。ここには、古き良き大昔の日本の姿が・・・(笑)。こんなの老人しか理解できません。

そうか、プロデューサーが山本又一朗氏だったのか。老人のファンタジーを描きたかったのでしょうね。そう言う視点でこの作品を見ないと、この作品の本当の意味は決して分からないに違いありません。人間、いくつになっても、夢を見るのは楽しいことです。

いずれにせよ、今となっては人間国宝に指定されても不思議はない、不思議な格好の子供たちが、繰り広げるケンカ、それを今時の映画の技術ですごいアクションシーンに仕立て上げています。だから、内容は馬鹿馬鹿しくても、ちゃんとおもしろがらないと、売れていない無名の監督や山本又一郎氏に失礼です。

山本又一郎氏は、「センスがない」とか、「時代遅れ」だとかいうわけではないと思います。「みなさん、懐かしいでしょう。僕たち老人が若い頃には、こんな日本があったんですよ。ちんぴらの手先になって、ケンカで底辺からはい上がろうとする子供とか・・・」というメッセージを、笑いを交えながら、スクリーンを通して伝える。これが山本又一郎氏の考えであるに違いありません。「おー!すごいアクション!おー!おー!おー!」と馬鹿のように感動し、映画が終わったら、にやりと笑う、それがこの映画の正しい鑑賞の仕方だと思います。

映画の終わりに、「未成年者の飲酒や喫煙は禁止されている」とか「自動二輪車に乗るときはヘルメットをかぶる義務がある」とか言う内容の注意書きが出ていましたが、笑ってはいけないと、思ってはいても、さすがにこれには笑えました。だから、最後まで見ないと、この映画の真のおもしろさは分からないと思います。

もっとも、映画のはじめに紹介される「鈴蘭男子高校」とか言うやたらキュートでかわいい学校名が私のハートを捉えて離さなかったのは事実です。その後に、笑えるヘアースタイルの子供たちが次々に出てきて、もう死にそうでした。

でも、この映画、もう二度と見ないでしょうね。

ADS
ADS

駐車場の大幅削減で劇場内に入れない109シネマズ名古屋

昨日は、最低最悪でした。映画『クローズExplode』を見ようと、車で109シネマズ名古屋に向かったのはいいのですが、21時頃、駐車場の近くまで来たら、車が何台も路上で停止し、長蛇の列になっていて、駐車場の中に入れませんでした。いったいなぜ駐車場の前にこんなに車が並んでいるのかと思いましたが、何と駐車場に入る車の列だったのです。109シネマズ名古屋でこんな経験は初めてです。

大人気の映画の公開初日などで、2、3台並んでいたことが以前あったような気がしますが、路上まで出てはいません。今回は、西側の交差点から先まで車の列になっていました。私が到着したときは、交差点のところに並ぶ羽目になりました。

ちっとも車が動かなくて、変だと思っていました。しかし、やがて駐車場が満車のためであることがわかり、焦りました。予定では10分前ぐらいに駐車場に入ることができる予定だったのに、時間はどんどん過ぎていきました。結局22分ほど待たされました。駐車場内に入った時点で映画はすでに始まっていたと思います。

同行した連れもいたので、余計に時間がかかって、上映されていた第6シアターに入ったときには、すでに映画が始まった10分ぐらいたった時でした。これでもう映画を見るのがいやになっていました。何でお金を払って、途中から映画を見なくてはいけないのしょう。

入場する前に、食べ物の売店で、どうして駐車場が混んでいるのか聞いたところ、契約駐車場の大半がなくなって、映画館のある建物の4階の駐車場だけになってしまったため、駐車場が混んで入りにくくなっているということでした。

もうこれは気違いですね。駐車場に車が入りきらないぐらいに駐車場を縮小してどうするのでしょうか?客に来るなと言っている様なものです。

この後がさらにひどい話になります。第6シアターに入ってみると、自分と連れが予約してあったi14とi15の座席に他の人が座っていて、座れませんでした。i12に座っていた人に、「i14とi15の席はどこでしょうか」と尋ねたら、指さして教えてくれましたが、その席は「i7」でした。何かぐるになっているのではないかと後で思いました。

驚いて、シアターの外に出て、劇場の男性係員に席に案内してもらえるようにお願いしました。その人は走ってどこかに消えて行って、戻って来なかったので、別のめがねの女性係員にお願いして連れて行ってもらったら、i14とi15には人がいなくなっていました。

しかし、この時点で映画が始まってすでに20分以上経過しており、今更見ても仕方がありません。返金できないかと尋ねたところ、チケット代とポップコーンとドリンク代は返金してもらえました。もちろん駐車場代金も無料にしてもらいました。

「駐車料金は3時間無料です。」

もう帰るので、3時間無料でもありがたくありません。それよりも、こんな状況では、もう二度と来なくなると思います。そう言う話を劇場の係員にきつく言っておきました。

実際、これが2回、3回と続けば、もう誰も来なくなると思います。いくら景気が悪いとはいえ、これは最悪です。

実際には、契約駐車場はもう一カ所あるという話ですが、何と劇場まで歩いて20分の距離だそうです。そんな駐車場は使えませんから、必要ありません。駐車場は、いくら離れていても、5分以内の距離でないと、意味がありません。109シネマズは、徒歩20分というのがどれだけの距離なのか分かっているのでしょうか?

車で20分、そしてさらに歩いて20分というのは、もう実用的に考えてあり得ません。そもそも、老人などの場合、体力的に言って、20分も歩けません。