ボストン・マラソン爆弾テロ事件の容疑者逮捕

ボストン・マラソンの爆弾テロ事件ですが、容疑者が逮捕されました。

ボストン・マラソンテロ:逃走の容疑者、逮捕 重傷で搬送 別の3人拘束

毎日新聞 2013年04月20日 東京夕刊

 【ウォータータウン(米東部マサチューセッツ州)小坂大、ニューヨーク草野和彦、ワシントン白戸圭一】ボストン・マラソン連続爆破テロ事件で、米捜査当局は19日夜(日本時間20日午前)、ボストン西郊のウォータータウンで、逃走中のジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)を発見、逮捕した。地元警察によると警官隊との銃撃戦で重傷を負っており、病院に搬送された。

 ロイター通信によると、警察は事件に関連してマサチューセッツ州で3人を拘束し事情を聴いている。

 もう1人の容疑者で一緒に逃走していた兄のタメルラン・ツァルナエフ容疑者(26)は19日未明、警察官との銃撃戦で死亡している。15日の発生から5日目で事件は大きな節目を迎えた。

 オバマ米大統領は19日夜、ジョハル容疑者の逮捕を受け声明を発表し、「今回の悲劇の重要な一章が終わった」と発言。「必要なあらゆる資源を投入し、何が起きたのかを解明する」と動機や背後関係について捜査を徹底する考えを示した。これに先立ち、ロシアのプーチン大統領と電話協議を行い、テロ対策で緊密に連携することを確認した。

 米メディアの情報を総合すると、住民の通報を受けた警察が民家の裏庭にあったボートの中に隠れていたジョハル容疑者を発見。容疑者が自爆用爆発物を身につけている可能性があり、捜査当局は大勢の捜査員で包囲し慎重に拘束の準備をした。

 テロ事件は15日、ボストン中心部のマラソンのゴール地点付近の2カ所でほぼ同時に発生。8歳の少年ら3人の観客が死亡し、170人以上が負傷した。捜査当局は18日、両容疑者の写真とビデオ映像の公開に踏み切った。2人は同日夜、マサチューセッツ工科大構内で警察官を射殺。乗用車を奪って逃走し追跡の警官隊と銃撃戦になった。兄のタメルラン容疑者はこの際の負傷で死亡した。

 米CBSテレビは19日、米連邦捜査局(FBI)が2年前、タメルラン容疑者の聴取をしていたと報じた。外国政府の依頼で過激派との関連を調べたが、当時は無関係と判断したという。今後、海外のテロ組織の関与なども捜査する。

 兄弟のおじは米CBSテレビの取材に対し、タメルラン容疑者が18日に電話をかけ「許してほしい」と語ったことを明らかにした。

引用元: ボストン・マラソンテロ:逃走の容疑者、逮捕 重傷で搬送 別の3人拘束 (毎日jp)

容疑者が捕まってみると、ものすごくくだらない事件に思えました。一時期は、北朝鮮がやったのではないかと言う話もあり、実際、犯人が北朝鮮だったら、少しおもしろかったと思います。何しろ、殺したのが最も重要な同盟国の中国の国民ですから、中国との関係が悪化します。もっとも、北朝鮮は、同盟どころか同胞の韓国人もテロで虐殺する国ですから、何とも思わないかもしれません。

今回、ボストン・マラソン爆弾テロ事件(2013年ボストン・マラソン爆発事件)で捕まったのが、どうやら米国内のイスラム教徒に過ぎなかった様です。恐らく大きな組織ではなく、小集団による犯行なのではないでしょうか?

テロをやっておいて、名乗ることもできず、逃げ回っていただけというのも情けない様な気がします。元々テロ自体が情けないので、名乗ろうと名乗るまいと同じと言えば同じですが、大きな組織によるテロなら、普通、犯行声明を発表するように思います。

犯行声明を発表することなく、テロをやって、こそこそ逃げ回っていたのでは、どこかの気狂いが無差別殺人をやって、逃げ回っているのと同じ事になります。そう言うことをやっているから、普通の人から、「イスラム教徒は気狂いの集まり」にしか思われなくなっているのではないかと思います。まじめなイスラム教徒からすると、いい迷惑かもしれませんね。

そんなに人殺しが好きなら、堂々と旗を振って、敵の軍隊に突撃すればいいのに、何も武器を持っていない無関係の人をこっそり殺すというのは、本当に卑怯者だと思います。こういうテロをやっているのは、最近では、ほとんどイスラム教徒ばかりの様に思えます。

関係のない私たちとしては、なぜイスラム教徒には人殺しを趣味にする人が多いのか不思議ですが、人殺しを賞賛する教義を持つイスラム教の宗派がいろいろあるらしいです。門外漢の私たちとしては、あきれるしかありません。

こういう宗教が好きな人がやっている無関係な人の虐殺などの行為を見るにつけ、宗教のような野蛮な風習が早く世の中からなくなれば、世界はもっと平和になるのではないかと思うのですが、どうなのでしょうか?どう転んだって、神様はいないのですから、もういい加減に目を覚ましてほしいものです。

ADS
ADS