『ホビット 決戦のゆくえ』の評価と感想

評価: ★★★★☆

映像は非常に良いと思います。しかし、内容に深みが全くないので、全然感動しません。

ADS
ADS

映画とアニメの『寄生獣』の原作漫画

映画とアニメの『寄生獣』の原作は、岩明均(いわあき ひとし)の漫画『寄生獣』です。この漫画が面白いのかどうかが、話題になっているようですが、面白いですよ。たぶん、これほど面白い漫画は他にはないぐらいなので、ぜひ読んでみてください。

一年ほど前、知り合いにも勧めたのですが、その方はすっかりファンになってしまいました。

関連ページ:
映画『寄生獣』の評価と感想

映画『寄生獣』の評価と感想

評価: ★★★★☆

先週の土曜日に公開された映画ですが、土曜日と昨日月曜日に映画館に行き、合計二回見ました。

この作品は、原作のストーリーをどれだけ知っているか、あるいは、どれだけ覚えているかで、おもしろさが違ってくると思います。私の場合、原作は、昔、読んだことがあるのですが、ストーリーはほとんど忘れていました。一方、私と一緒にこの映画を見た人は、ストーリーを全く知りませんでした。

それで、私の場合ですが、そこそこおもしろかったです。しかし、ストーリーを全く知らずに見た連れは、全然おもしろくなかった様です。

その原因ですが、まず、この映画で『寄生獣』のストーリーが完結するわけではないと言うことが一つにあります。この映画は起承転結の承の途中までしかやらないのです。最初、見に行った際に、この映画1本で全て話が終わると思っていたので、肩すかしを食いました。

完結編は4月下旬に上映予定のようです。がっかりしました。

承の途中までなので、どうしたって、おもしろくはないです。何も完結しません。知らない人が見たら、単に気持ち悪いだけの映画だと思います。

もう一つの問題は、ストーリーをかなりはしょりながら進んでいるというところです。例えば、登場人物の内面を十分に描ききっておらず、感情移入がしにくいですし、登場人物の感情が十分に伝わってきません。何か、あらすじを見させられているだけの様な感じがします。

原作がずいぶん長い話だったと思うので、本当は、独自のストーリー展開にした方が良かったのではないかと思います。しかし、それでは原作ファンが怒るかもしれません。

しかし、おもしろい作品を作るのなら、やはり長い話をはしょりながらやるよりも、独自のストーリーで短く決めた方が見る人は感動するのではないかと思います。

今回の作品は、失敗と言ってもいいかもしれません。しかし、原作のおもしろさを考慮に入れて、この作品は★を四つつけました。

原作:


寄生獣 完全版全8巻 完結コミックセット

Amazon Kindle版:


寄生獣(1)

寄生獣 フルカラー版(1)

念のために書いておくと、原作はものすごくおもしろいです。私は漫画はほとんど読まないのですが、『寄生獣』は、私が全巻読んだ数少ない漫画の一つです。

関連ページ:
映画とアニメの『寄生獣』の原作漫画

榮倉奈々が超かわいい!

榮倉奈々の写真集『free』を買いました。今日届いたので、早速見ましたが、超かわいい!!!

榮倉奈々写真集『free』表紙

榮倉奈々写真集『free』裏表紙

ちなみに、写真集の中身ですが、制服姿の写真はたくさんありましたが、私服の方が圧倒的に多いです。

榮倉奈々写真集『free』私服
画像引用元: 榮倉奈々写真集 『free』 (Amazon.co.jp)

榮倉奈々写真集『free』私服
画像引用元: 榮倉奈々写真集 『free』 (Amazon.co.jp)

榮倉奈々写真集『free』私服
画像引用元: 榮倉奈々写真集 『free』 (Amazon.co.jp)

榮倉奈々写真集『free』私服
画像引用元: 榮倉奈々写真集 『free』 (Amazon.co.jp)

1ページまたは見開き2ページの大きな写真がたくさんありましたが、その一方で、小さな写真をちりばめたようなページもありました。写真の点数で言うとお買い得かと思います。

制服はほとんどが白いシャツにネクタイで、紺色のスカートと言う形で、なぜかネクタイをゆるめた状態のものがほとんどを占めました。きちんとした格好の写真もいいと思うのですが、写真家さんの趣味かな?

榮倉奈々写真集『free』制服シャツ

榮倉奈々写真集『free』制服シャツ写真多数

セーラー服の写真は小さめのカットの物が一つだけありました。セーラー服ファンのためのおまけみたいなものでしょう。せっかくセーラー服を着せたのなら、もっと撮りまくって、大きな写真や小さな写真をたくさん載せればいいのに・・・。

榮倉奈々写真集『free』セーラー服

『SEVENTEEN』の作った写真集なので、主に女性をターゲットにした様な内容で、男性向けのセクシーな写真はほとんど見あたりませんでした。一つか二つ胸の谷間が見えるような写真があったぐらいです。

榮倉奈々写真集『free』胸の谷間の見えるセクシーショット

榮倉奈々の写真集『free』水着

それでも榮倉奈々のかわいさを堪能したい男性にも、おすすめの一冊です。彼女は、本当に笑顔がかわいいです。

榮倉奈々の写真集『free』ほほえみ

参考図書:

榮倉奈々写真集 「free」

関連ページ:
映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の評価と感想

榮倉奈々が好きな人にお勧めの映画:
榮倉奈々は実写映画『図書館戦争』(2013年)に主演で出ています。映画自体もかなり面白いのでおすすめです。


図書館戦争 プレミアムBOX [Blu-ray]


図書館戦争 スタンダード・エディション [DVD]


図書館戦争 ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]

アニメ映画『黒執事 Book of Murder』上巻・下巻の評価と感想

評価: ★☆☆☆☆

上巻を今月1日に、下巻を本日レイトショーで見ました。そう言うわけで、上巻と下巻の両方を見たのですが、内容的にあまりにも馬鹿げていて、見る価値がありませんでした。小学生なら、おもしろがるかもしれませんが、大人が見るようなものではありません。

パーティーがあって、次々に人が殺されました。いったい誰の仕業でしょうか?

そう言う内容の映画なのですが、こんな陳腐な内容の映画を見て喜ぶのは、陳腐という概念がない小さな子供だけです。

つまらない内容であることは、上巻で分かり切っていたのに、下巻まで見に行った自分が馬鹿でした。まあ、ブログのネタぐらいにしかなりません。と言うか、文句を書くために、最後まで見てしまったというのが本当のところです。

だとしても、お金の無駄遣い。コスト意識をしっかりもたないとだめですね(笑)。こんなに内容の薄っぺらな映画に、合計2600円(上巻ファーストデー割引料金1300円+レイトショー割引料金1300円)もかけたのは本当に馬鹿げた失敗でした。

割引なしの3600円の価値など到底ないどころか、100円の価値すらありません。こんなに下らない内容では、テレビで放映されていても、私は見ません。時間の無駄です。

実際、今日のレイトショーでは、この映画を見たのは、自分を含めて、わずか6名だけです。早々に上映打ちきりになるような気がします。