新年おめでとうございます

新年おめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

ADS
ADS

ブリヂストンの自転車NOLKOG(ノルコグ)を買いました

結局、近所の自転車屋さんでブリヂストンのNOLKOG(ノルコグ)と言う自転車を買いました。値段がそこそこ安かったし、やはり近所の自転車屋さんで買っておかないと、後々面倒なことになるかもしれないと思ったからです。

ブリヂストンの自転車NOLKOG(ノルコグ)
画像引用元: ノルコグシリーズ製品情報(ブリヂストン公式サイト)

後々面倒なことになるというのは、昔、他のお店で自転車を買ったら、パンクした時などの際、その近所のお店で見てくれなかったことがあったということです。さすがにこれは困るので、そこのお店で買わないといけないかなと思うわけですが、ちょっとひどい話ですよね。競合店が近くにできたら、どうするのでしょうか?

それはともかく、この自転車ですが、変速機付きと、変速機なしのモデルがあり、昨日書いたように、変速機なしのモデルを選んでみました。近所には坂が少なからずあるので、ちょっと不安でしたが、実際に変速機なしのこの自転車でこいでみたら、ちゃんと登れました。全く変速機は無用でした。前の自転車の前の自転車の時は変速機なしで普通に登っていた坂ですから、登れて当然と言えば当然ですね。

変速機について書いておくと、変速機がついていない方が平地ではこぎやすいらしいです。変速機があると余計な負荷がかかるのでしょう。私の経験でも、確かに変速機の付いていない自転車は、楽々こげます。

ちなみに、NOLKOGの乗り心地というか、こぎやすさですが、まあ、普通という感じです。前の前の自転車は安くてこぎやすかったのですが、残念ながら、それには遠く及びませんでした。

自転車というのは、どこのメーカーのものを買ったとしても、いろいろな部品メーカーから取り寄せた部品をくっつけて組み立てただけのものですから、ブリヂストンだからと言って、期待する方がおかしいのです。

ブランドは名前だけで、値段はブランド料(広告費)と部品代と工賃でできているのです。安くてよいものとなると、二流、三流メーカーを当たるしかないかもしれません。

追記(2014年10月30日):
私の場合、一番近くにある個人経営の自転車屋さんがちょっとくせ者なので、他店で買った自転車の面倒を見てくれないことがあるのですが、最近はチェーン店もあるので、もしいやがられたら、他店やインターネットで購入した自転車は、そう言うお店に持って行けばいいと思います。私の場合、ちょっと離れたところに、そう言うお店が二つほどあります。

ちなみにこの自転車、半年近く乗っていますが、かなり乗り心地がいいです。重量があるので、階段を持って上がる(笑)のは大変ですが、普通に乗る分には重くてもあまり苦にはなりません。たまに倒れてもあまりダメージがなく、満足しています。しかし、長期的に見た場合の耐久性はまだわかりません。10年持てば、合格なのですが、どうなのでしょう?見た感じと乗った感じは、ずいぶん丈夫そうです。

この自転車は、Amazonではちょっと見つけにくいので、Amazonで買いたい人のためにリンクを貼っておきます。

ついでなので、楽天で買いたい人はこちらです。

どちらも組み立て済みなので、届いたら、箱から出すだけです。色はシルバー以外にもいろいろあります。

関連ページ:
フレームがちょん切れて、自転車が壊れました

フレームがちょん切れて、自転車が壊れました

この間の日曜日から妙に自転車が運転しにくくなったと思っていたら、よく見ると、フレームがちょん切れていました。2本のパイプでサドルの支柱とハンドルの支柱がつながっているのですが、その内の下のパイプがハンドルの支柱からはずれていたのです。

取れたというのではなく、切断されたというか、ちょん切れた様な感じです。もう何かあまりにもあり得ない壊れ方で、疲れがどっと出ました。

ハンドルがうまく操作できないので、パンクに違いないと思っていたのですが、まさかフレームが壊れているなんて、夢にも思いませんでした。日本製のはずなのですが、ずいぶん弱いなと思いました。

早速、今日にも新しい自転車を買わないといけません。どんな自転車がいいのやら・・・。

今までの経験から、変速機なしでもいいかなとも思います。変速機がない方が軽快に走れたりします。

今はインターネットで情報も多いし、インターネットで自転車も買えますから、便利です。今の壊れた自転車は2万4千円ほどの値段でしたが、実は、その前の1万7千円ほどの自転車の方が乗り心地が良かったです。

インターネットで情報が簡単に手に入るようにはなったし、自転車がかなり安く手に入るようにもなりましたが、インターネットでは、乗り心地はなかなか分かりません。口コミが役に立つといいのですが、知らない人の口コミなんて信用できるかどうかが問題です。

自転車の規格に、最近は、BAAと言うのがあるそうで、BAAに合格した自転車がいいかもしれないとも思うのですが、この規格も結構怪しいみたいで、ますます自転車選びが難しくなってきました。

やはり、そこそこの値段がして、こぎやすい自転車を選ぶのが無難なのかもしれません。しかし、インターネットの安さは、かなり魅力的です。さあ、どうしたものでしょう。

関連ページ:
ブリヂストンの自転車NOLKOGを買いました

駐車場の大幅削減で劇場内に入れない109シネマズ名古屋

昨日は、最低最悪でした。映画『クローズExplode』を見ようと、車で109シネマズ名古屋に向かったのはいいのですが、21時頃、駐車場の近くまで来たら、車が何台も路上で停止し、長蛇の列になっていて、駐車場の中に入れませんでした。いったいなぜ駐車場の前にこんなに車が並んでいるのかと思いましたが、何と駐車場に入る車の列だったのです。109シネマズ名古屋でこんな経験は初めてです。

大人気の映画の公開初日などで、2、3台並んでいたことが以前あったような気がしますが、路上まで出てはいません。今回は、西側の交差点から先まで車の列になっていました。私が到着したときは、交差点のところに並ぶ羽目になりました。

ちっとも車が動かなくて、変だと思っていました。しかし、やがて駐車場が満車のためであることがわかり、焦りました。予定では10分前ぐらいに駐車場に入ることができる予定だったのに、時間はどんどん過ぎていきました。結局22分ほど待たされました。駐車場内に入った時点で映画はすでに始まっていたと思います。

同行した連れもいたので、余計に時間がかかって、上映されていた第6シアターに入ったときには、すでに映画が始まった10分ぐらいたった時でした。これでもう映画を見るのがいやになっていました。何でお金を払って、途中から映画を見なくてはいけないのしょう。

入場する前に、食べ物の売店で、どうして駐車場が混んでいるのか聞いたところ、契約駐車場の大半がなくなって、映画館のある建物の4階の駐車場だけになってしまったため、駐車場が混んで入りにくくなっているということでした。

もうこれは気違いですね。駐車場に車が入りきらないぐらいに駐車場を縮小してどうするのでしょうか?客に来るなと言っている様なものです。

この後がさらにひどい話になります。第6シアターに入ってみると、自分と連れが予約してあったi14とi15の座席に他の人が座っていて、座れませんでした。i12に座っていた人に、「i14とi15の席はどこでしょうか」と尋ねたら、指さして教えてくれましたが、その席は「i7」でした。何かぐるになっているのではないかと後で思いました。

驚いて、シアターの外に出て、劇場の男性係員に席に案内してもらえるようにお願いしました。その人は走ってどこかに消えて行って、戻って来なかったので、別のめがねの女性係員にお願いして連れて行ってもらったら、i14とi15には人がいなくなっていました。

しかし、この時点で映画が始まってすでに20分以上経過しており、今更見ても仕方がありません。返金できないかと尋ねたところ、チケット代とポップコーンとドリンク代は返金してもらえました。もちろん駐車場代金も無料にしてもらいました。

「駐車料金は3時間無料です。」

もう帰るので、3時間無料でもありがたくありません。それよりも、こんな状況では、もう二度と来なくなると思います。そう言う話を劇場の係員にきつく言っておきました。

実際、これが2回、3回と続けば、もう誰も来なくなると思います。いくら景気が悪いとはいえ、これは最悪です。

実際には、契約駐車場はもう一カ所あるという話ですが、何と劇場まで歩いて20分の距離だそうです。そんな駐車場は使えませんから、必要ありません。駐車場は、いくら離れていても、5分以内の距離でないと、意味がありません。109シネマズは、徒歩20分というのがどれだけの距離なのか分かっているのでしょうか?

車で20分、そしてさらに歩いて20分というのは、もう実用的に考えてあり得ません。そもそも、老人などの場合、体力的に言って、20分も歩けません。

iPhone 5のマップでは一般道路だけの経路を選べない

昨日、TOHOシネマズ津島へ『魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を見に行こうとしました。iPhone 5のマップがカーナビ代わりになるので、それを利用したのですが、どうも名古屋高速道路に不慣れで、間違えて、常滑の方に行ってしまいました。もうこの時点で絶対に間に合いません。(T T)

途中でどうもおかしいと思って一般道路に降り、再びiPhone 5のマップを見ると、何か音声が聞こえるので、音を大きくしてみました。何と音声で道順を教えてくれているのでした。自分の時代遅れの程度がこれでわかりました。(^ ^;

その音声に従い、再び、名古屋高速道路に入りました。後は音声に従い、無事、TOHOシネマズ津島に到着しました。合計1時間半かかっていて、すでに映画は上映開始から30分以上経過していました。仕方がないので、来場者特典だけもらって帰りました。また明日来るから、別に今日見られなくてもいいわけで・・・。そもそも、予定では始まってしばらくしたら帰る予定でした。

しかし、問題は、これだけ時間がかかるぐらいなら、一般道路を通った方が良かったということです。とは言え、高速走路を通っても、一般道路を通っても、ナビなしで辿り着くのはまず無理。

困ったのは、iPhone 5のマップでは、どうしても一般道路だけを使った経路が表示されなかったことです。実はこれでずいぶんばたばたしていました。それで時間を食ってしまい、高速道路を使う羽目になったのです。

そこで、iPhone 5のマップ(iOS 7.0.3)では、どうしても一般道路だけを使った経路が表示できないかどうか調べることにしました。まず、公式見解を聞くべく、これについてAppleのサポートに電話して聞いてみました。結論を出すのに1時間かかりましたが、結局、iPhone 5のマップ(iOS 7.0.3)では一般道路だけを使った経路表示ができないと言うことがわかりました。

これは不便です。私の場合、一般道路で行くと、55分かかります。高速道路を使うと、38分かかります。その差は17分です。高速道路の料金は1000円です。往復34分の節約で2000円かかるというのは、ひどすぎます。

今回、もう一度高速道路に入り直したので、2750円ですが・・・。(T T)

アメリカならいいです。高速道路は無料なので。しかし、日本ではかなり高い料金を払わされます。どうもiPhoneはアメリカの事情に基づいた発想をしているのでしょう。日本では一般道路のみを使った経路を表示できなくては使い物になりません。

そこでAppleのサポートに聞いてみたところ、Googleマップがいいのではないかと言う話になり、Googleマップをインストールしました。iPhoneのアプリケーションをインストールするのは初めてでしたが、Appleのサポートが丁寧に教えてくれたので、無事インストールできました。と言うか、こんなものはサポートなしでもできますが、たぶん10分か20分ぐらい節約できたかもしれません。まあ、それはともかく、Appleのサポートの親切なことには驚かされました。

Googleマップを使うと、オプションで有料道路を使わないと言う選択肢があるので、一般道路だけの経路を表示できます。また、音声によるナビゲーションもしてくれるので、助かります。これからはGoogleマップを使うのが良さそうです。Appleにはナビゲーション機能の改善をお願いしておきました。