映画『清須会議』のレビューと評価

清須会議 DVD
清須会議(アマゾンへ)

評価: ☆☆☆☆☆ ←0点という意味。

先日、映画『清須会議』を見てきました。結論を先に言ってしまうと、この映画、思いっきりつまらない映画です。全く見る価値がありません。以上。

・・・というのでは元も子もないので、少し説明を加えます。

時代劇なのですが、アクションシーンと言えるようなものはありません。簡単にわかりやすく言えば、チャンバラはありません。チャンバラみたいなものはありましたが、アクションとは言えません。

この映画を一口で言えば、時代劇のコメディーです。内容は、あまり史実通りとは言えません。というか、小田原から尾張まで一人で走って帰る武将はいません。あまりにもふざけているので、私は途中で見るのが不快になってきました。

時代劇でコメディーなんて、馬鹿馬鹿しいので、やめてほしいです。いくら何でも、織田家の跡取りの候補がForrest Gump並の馬鹿と言うことはないと思います。それに大しておもしろくもありません。ネタが嘘だと言うことが最初からわかっているからです。

たぶんかなり安上がりに作った映画なので、あまり人が見に来なくても問題はなさそうですが、そういう映画なので、壮大なスケールと豪華なシーンで彩られた映画だと思いこんで映画館に行くと、がっかりするだろうと思います。

それでも、この大して笑えないコメディーを見たい場合、清須会議が何なのかをあらかじめ知っておいた方が無難です。映画の中だけの説明ではわかりにくいと思いますし、清須会議についての歴史的な事実を知っていても、おもしろさは変わらないと思います。

清須会議は、清洲会議とも表記されますが、要は織田信長が死んだ後、誰が織田信長の後継者になるかと言うことを決めるために開かれた会議です。本来なら、織田信長の長男が跡を継ぐはずでしたが、本能寺の変の時に、長男も一緒に死んでしまったため、会議を開く必要が出てきたわけです。

結局、他に有力な候補がいないため、結局、長男の遺児が跡を継ぐことになったのですが、それが決められたのが、この清須会議です。しかし、ご存じのように、この長男の子供は実権を掌握することなく、代わりに豊臣秀吉が実権を奪取し、さらに徳川の時代になって、この人とその子孫は権力からすっかり遠ざけられてしまい、現在に至っているわけです。

本当は、織田家が豊臣家や徳川家の主君になるはずなのですが、全く弱肉強食ですね。その元がこの清須会議と言うことになるわけです。

それで、この映画を見て、何か歴史について学ぶことがあったかというと、全く何一つなく、単に下品な笑いでおもしろがらせようとしているだけのつまらない映画でした。1800円の価値があるかというと、ちょっと微妙ですね。

参考ページ:
『清須会議』のAmazonのレビュー

参考作品:
この映画を見るくらいなら、NHK大河ドラマの『信長』やNHK新大型時代劇の『真田太平記』を見た方がよほどいいです。しかも後者には若くして自殺した岡田有希子が出演しています。何でも、この作品の撮影後に自殺したのだそうです。

NHK大河ドラマ 信長 完全版 第壱集 DVD
NHK大河ドラマ 信長 完全版 第壱集 [DVD](amazonへ)

NHK大河ドラマ 信長 完全版 第弐集 DVD
NHK大河ドラマ 信長 完全版 第弐集 [DVD](amazonへ)

真田太平記 第壱集 DVD
真田太平記 第壱集 [DVD](amazonへ)

真田太平記 第弐集 DVD
真田太平記 第弐集 [DVD](amazonへ)

『信長』はかなりまじめによく作られています。この作品で信長を演じた役者さんは、歴代で最も実際の信長によく似ているそうです。一方、『真田太平記』は娯楽的によく作られていて、とてもおもしろいです。

ADS
ADS