フレームがちょん切れて、自転車が壊れました

この間の日曜日から妙に自転車が運転しにくくなったと思っていたら、よく見ると、フレームがちょん切れていました。2本のパイプでサドルの支柱とハンドルの支柱がつながっているのですが、その内の下のパイプがハンドルの支柱からはずれていたのです。

取れたというのではなく、切断されたというか、ちょん切れた様な感じです。もう何かあまりにもあり得ない壊れ方で、疲れがどっと出ました。

ハンドルがうまく操作できないので、パンクに違いないと思っていたのですが、まさかフレームが壊れているなんて、夢にも思いませんでした。日本製のはずなのですが、ずいぶん弱いなと思いました。

早速、今日にも新しい自転車を買わないといけません。どんな自転車がいいのやら・・・。

今までの経験から、変速機なしでもいいかなとも思います。変速機がない方が軽快に走れたりします。

今はインターネットで情報も多いし、インターネットで自転車も買えますから、便利です。今の壊れた自転車は2万4千円ほどの値段でしたが、実は、その前の1万7千円ほどの自転車の方が乗り心地が良かったです。

インターネットで情報が簡単に手に入るようにはなったし、自転車がかなり安く手に入るようにもなりましたが、インターネットでは、乗り心地はなかなか分かりません。口コミが役に立つといいのですが、知らない人の口コミなんて信用できるかどうかが問題です。

自転車の規格に、最近は、BAAと言うのがあるそうで、BAAに合格した自転車がいいかもしれないとも思うのですが、この規格も結構怪しいみたいで、ますます自転車選びが難しくなってきました。

やはり、そこそこの値段がして、こぎやすい自転車を選ぶのが無難なのかもしれません。しかし、インターネットの安さは、かなり魅力的です。さあ、どうしたものでしょう。

関連ページ:
ブリヂストンの自転車NOLKOGを買いました

ADS
ADS