iPhone 5のマップでは一般道路だけの経路を選べない

昨日、TOHOシネマズ津島へ『魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を見に行こうとしました。iPhone 5のマップがカーナビ代わりになるので、それを利用したのですが、どうも名古屋高速道路に不慣れで、間違えて、常滑の方に行ってしまいました。もうこの時点で絶対に間に合いません。(T T)

途中でどうもおかしいと思って一般道路に降り、再びiPhone 5のマップを見ると、何か音声が聞こえるので、音を大きくしてみました。何と音声で道順を教えてくれているのでした。自分の時代遅れの程度がこれでわかりました。(^ ^;

その音声に従い、再び、名古屋高速道路に入りました。後は音声に従い、無事、TOHOシネマズ津島に到着しました。合計1時間半かかっていて、すでに映画は上映開始から30分以上経過していました。仕方がないので、来場者特典だけもらって帰りました。また明日来るから、別に今日見られなくてもいいわけで・・・。そもそも、予定では始まってしばらくしたら帰る予定でした。

しかし、問題は、これだけ時間がかかるぐらいなら、一般道路を通った方が良かったということです。とは言え、高速走路を通っても、一般道路を通っても、ナビなしで辿り着くのはまず無理。

困ったのは、iPhone 5のマップでは、どうしても一般道路だけを使った経路が表示されなかったことです。実はこれでずいぶんばたばたしていました。それで時間を食ってしまい、高速道路を使う羽目になったのです。

そこで、iPhone 5のマップ(iOS 7.0.3)では、どうしても一般道路だけを使った経路が表示できないかどうか調べることにしました。まず、公式見解を聞くべく、これについてAppleのサポートに電話して聞いてみました。結論を出すのに1時間かかりましたが、結局、iPhone 5のマップ(iOS 7.0.3)では一般道路だけを使った経路表示ができないと言うことがわかりました。

これは不便です。私の場合、一般道路で行くと、55分かかります。高速道路を使うと、38分かかります。その差は17分です。高速道路の料金は1000円です。往復34分の節約で2000円かかるというのは、ひどすぎます。

今回、もう一度高速道路に入り直したので、2750円ですが・・・。(T T)

アメリカならいいです。高速道路は無料なので。しかし、日本ではかなり高い料金を払わされます。どうもiPhoneはアメリカの事情に基づいた発想をしているのでしょう。日本では一般道路のみを使った経路を表示できなくては使い物になりません。

そこでAppleのサポートに聞いてみたところ、Googleマップがいいのではないかと言う話になり、Googleマップをインストールしました。iPhoneのアプリケーションをインストールするのは初めてでしたが、Appleのサポートが丁寧に教えてくれたので、無事インストールできました。と言うか、こんなものはサポートなしでもできますが、たぶん10分か20分ぐらい節約できたかもしれません。まあ、それはともかく、Appleのサポートの親切なことには驚かされました。

Googleマップを使うと、オプションで有料道路を使わないと言う選択肢があるので、一般道路だけの経路を表示できます。また、音声によるナビゲーションもしてくれるので、助かります。これからはGoogleマップを使うのが良さそうです。Appleにはナビゲーション機能の改善をお願いしておきました。

ADS
ADS