『魔法少女まどか☆マギカ』のクリスマス・カード争奪戦

昨日、『魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を見に行きました。もちろん、来場者特典のクリスマス・カードが目当てです。(^ ^;

実はその前の日にも行っていたので、『まどか☆マギカ』のクリスマス・カードはすでに1枚もらっていたし、どれぐらいの枚数がその映画館に来ていたのか、大方見当がついていました。

どれぐらいの量かというと、小さめの段ボール1箱です。恐らく500枚から1000枚は入りそうです。テーブルの上に積まれていたので、目視で400枚~500枚と推定しました。

明日まで持つかどうか係の人に聞いたら、「う~ん、わかりません。」という怪しい返答でした。二度聞いたのですが、同じ返答なので、これは怪しいです。上からの指示かもしれません。

座席の予約状況は、その日12月24日も、12月25日も満席でした。もっと大きな部屋を用意してくれればいいのですが、200名弱しか入らない部屋なので、すぐに満席になってしまったのでしょう。12月24日の夜に確認したら、12月25日の分はすでに満席でした。

たぶん、12月25日もクリスマス・カードの方は十分な数があると踏んでいたのですが、ちょっと不安があったので、いつもより早めの開場25分前に映画館に到着し、22分前ぐらいに入場場所に来ました。すでに行列かと思いきや、入り口前のロビーは人がまばらで、意外でした。

入り口には人がいなかったので、そのまま入り口に立っていた係の人に、『魔法少女まどか☆マギカ』は入場開始になっているのか聞いたところ、「館内の清掃が済んでいないので、もう少しお待ち下さい。」とのことでした。

それで、入り口の前に7~8分立って待っていました。

すると、映画の開始時間の15分前ぐらいになったところで、突然、背中を叩かれました。振り返って見ると、先ほどまで、入り口から2メートルぐらいの距離の左斜め前に立っていた20歳前後の男性でした。

「『魔法少女まどか☆マギカ』だったら、並んでいますから、後ろに行って下さい。」

この人は、あんなに遠くの一見関係のなさそうなところに立っていながら、並んでいたつもりだったらしいです。

「え?並んでいたんですか?」と聞き返しました。

3番目に並んでいた20歳前後の別の男性も「並んでいたんですか?」と聞きました。

一同びっくり。ご本人は小さくなっていました。

3番目の人の後ろを見ると、中年の男性が少し離れたところに立っていました。この人も並んでいるのかどうか判然としません。常識的に言って、3番目の人から2メートルぐらい離れているので、「並んでいない」と判断し、3番目の人の後ろに回り、私が3番目になりました。

結局4番目の中年の男性も「並んでいた」様で、まもなく入場開始になると、一緒に館内に入りました。

思うにみんな『魔法少女まどか☆マギカ』を見るために、早くから、堂々と入り口の真ん前に並ぶの恥ずかしくて、近くにぶらぶら立って待っていた様です(笑)。恥ずかしいという言葉を知らない私一人が堂々と入り口の真ん前に立っていたみたいです。(^ ^;

だって、入り口立っていた人は、昨日、私が『まどか☆マギカ』のクリスマス・カードの在庫量について聞いた係の人であり、今日も私が来ることを知っていたはずなので、そもそも全然恥ずかしくありません。真ん前に並んで当然です。

しかし、一番に入ったって、二番に入ったって、クリスマス・カードはもらえるはずです。私は残り400枚から500枚ぐらいということを知っていたわけですが、そうでなくても、そこまで数量が少ないなんてことはあり得ません。それとも、すでにクリスマス・カードが品切れになったという情報がインターネットで流れていたのでしょうか?

実は、12月24日は用事があって、途中までにしか映画を見ることができませんでしたが、この日は最後まで見ることができ、『魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』をしっかり楽しむことができました。

とは言え、もう何十回も見たので、すでにかなり飽きていましたが・・・。(^ ^;

ADS
ADS