『TENET テネット』を映画館で見ました

『TENET テネット』を映画館で見ました。かなり前から映画館で繰り返し宣伝していたので、作品自体は知っていました。しかも、最近よく見せられているクリストファー・ノーランの作品であることも知っていました。

クリストファー・ノーランの作品は、一般に、アクションがすごいです。そして、得てして、ストーリーがかなり難しいです。

たとえば、クリストファー・ノーランの作品としては、バットマンの映画が3本ありますが、どれも比較的難解です。アメコミの映画は、普通、どれも簡単で、何度も見ていると、すぐに飽きるぐらい簡単です。だいたい、子どもが見て楽しめるレベルですよね。しかし、クリストファー・ノーランのバットマン映画は、子どもが見て楽しめるようなものではありません。どう考えても、大人が真剣に見ないと、ストーリーを追うことができません。

映画『TENET テネット』のポスター

それで今回の『TENET テネット』ですが、やり過ぎです。これに近い作品としては、『インセプション』と言う映画がありますが、これよりもストーリーがはるかにややこしく、難解です。もし『TENET テネット』を一回見て、その内容を完全に把握できたという人がいたら驚きです。ほとんどの人は、何が何だかわけがわからないまま、いろいろなアクションシーンを次々に見せられて、映画のエンドロールに至っていると思います。

実際、私が鑑賞したシアターでも、上映終了後、「考えるのをやめた」と言う声が聞かれました。

この映画はいったい何回見ると理解できるようになるのか知りたいところです。